結婚生活でのお互いの関心とかかわり方

結婚生活を無難にこなすためには、ひとりで生活をしていたころと同じことをしていると状況が難しくなります。
お互いに好きなことをしたいということでは、結婚生活の意味もありません。
夫婦間で印象の良い関係が築ける時には、相手が好印象を持つような出来事が積みあがっています。
それらの総合的な評価で良い相手と判断します。
いくつかの中に少ない数の良いことだけでは総合的に評価は下がります。
お互いがそんなことをしていては離婚に至るのも無理はありません。
相手にかかわるということが夫婦生活ですが、関わるということでは関わるか関わらないかだけで、その中間はないとも言われます。
夫婦ではかかわってしまっているのですから、同じく中間はなく、自分のためだけではなく相手のためにも積極的に関わり関心を持つ必要があります。
結婚式の誓いの言葉に、富めるときも、貧しいときも、病めるときも、健やかなるときもとありますが、それを実践するのが本来の夫婦になります。